コース修了生の声(最新)

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース第五期 修了生

From June 8 to November 10 in 2019

岩元先生、そして5期のみなさん半年間ありがとうございました。

プラクティショナーコースを修了したのが20192月。

マスタープラクティショナーコースは環境を整えてから受講しようと考えていましたが、なんだか、私にとっては「今(2019年)じゃないといけない」という気持ちで周りの環境が整わないうちの受講となってしまいました。

 

やはり、そんな中での受講はかなり大変な事もたくさんありましたが周りの方々や、特に家族の協力もあり、今はこうして無事に修了できた事、ものすごく感謝しています。

そんな大変な事があったものの受講という選択してよかったと思っています。

得られたものはたくさんで、大きかったからです!

今回得られたものも、プラクティショナー同様で私の一生の宝物です。

先生からはもちろんですが、現役でカウンセラーとして仕事されている数名の再履修の方々からも、かなり良い刺激をもらいました。

初日、この方達からも何か絶対に得ていこう!と決心した私を覚えています。

もちろん、他のみんな一人ひとりからもたくさん良い刺激をもらいました。

そして、やはり先生がクライエントさんと向き合う姿勢は何度見てもかっこいいです!

 

この半年間の前半、実は、自分との向き合いで結構私にとってはしんどかったんです。

プラクティショナーの時はこんなに苦しくなかったのに…。

学ぶ事ってすごく楽しい!って思ってたの なんだか今回は違う…。

と思った事もありましたが、今となっては あれは私が成長する為の成長痛だったんだろうなと思います。

 

半年間終えた今、やっぱり学びはめっちゃ楽しい!そう断言する私がいます。

私の中に色んな私、私の知らない私がいるという発見があり

葛藤もあり、もがきましたが、そんな自分を知れて見れて こんな私もいるんだなぁ~♪と、楽しくもあり面白かったです。

 

そして、今ここからがまたスタートだと思うので目標はいつもまずは自分、家族からですが

ここ『都城にココロ笑顔の人が増えるように』

また一歩一歩自分にできる事を自分のペースで しっかりしっかり歩み続けて行きます!

 

最後に、岩元先生はじめ 5期のみなさん、半年間本当にありがとうございました。

貴重な経験、私にとってはかなり贅沢な時間の共有、そして出会いをありがとうございました。

私、とても幸せです♪

プラクティショナーからずっと一緒の2人もありがとう!

2人の存在が私にとってはものすごく心強かった!

 

先生やみなさんからは、まだまだ学ばせてもらう気満々なので これからもよろしくお願い致します。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第五期 修了生 川﨑 郁美さん(都城市)


今回で3回目のマスターコース。

毎回違う仲間との出会いがあり、いつも新鮮な気持ちで参加しています。

そして、先生の講義やカウンセリングも常にパワーアップしているのでおもしろくておもしろくて!

何度受けてもとても勉強になります。

 

 

今回は特に…カウンセリングの効果を改めて感じました

 

カウンセリングを受けた仲間たちのあらゆる変化に、本当に鳥肌が立ちました!

何が変化しているのか…ご本人も分からないけれど、でも確実に変化している

 

不思議だけど、本当にすごいんですよね…(これは受けた人しかわからない感覚だと思います)

 

ココロって、本当に面白い!

やめられないですね♪

 

だからまだお世話になりますよ、先生!笑

 

この半年間はココロ満たされた時間を過ごせました。

ありがとうございました。

 

これからもよろしくお願いいたします!

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第五期 修了生 菅沼 幸子さん(福岡市)


岩元先生、ありがとうございました!

 「自分自身としっかり向き合いたい」そんな思いを抱いてNLPファミリーセラピー・プラクティショナーコースを受講したのが約1年前でした。

 

ココロについて学ぶ中、自分に起こる変化や周りの人との関係性に起こる変化を実感し、また、自分もカウンセラーとして人の役に立ちたい!という思いから今回のマスターコース受講を決めました。

 

マスターコースでは、より実践的な学びが多く、実際のカウンセリングもたくさん見せていただくことで、テキストだけでは得ることのできない「生きたスキル」を学ばせていただくことができました。

 

また、同期には、現役のカウンセラーとして活躍されている方も多数参加されていたため、とても刺激を受ける場面も多く、カウンセラーになりたい!という思いがますます強くなった半年でした。

 

自分と向き合うこと・・・

まだまだ上手ではない私ですが、私の弱さもちゃんと解っていただきながら、無理なく苦しくなることなく学ばせていただくことができ、岩元先生には感謝しかありません。

 

カウンセラーとして一歩踏み出すために学ばなければいけないことはもっともっとありますが、自分と向き合いながら自分らしさを大切にしながら、頑張っていきたいと思っています。

 

たくさんの学びを与えてくださった先生、色んな刺激を与えてくれた同期の皆さん、そして、毎月快く送り出してくれた旦那さんに感謝です。本当にありがとうございました。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第五期 修了生 杉山 つぐみさん(福岡)


3月からの9ヶ月間、お世話になりありがとうございました。

プラクティショナーコースとの同時受講でしたので、熊本から大丈夫なのかな?と自分でも不安がありました。

最後の講義を体調不良で欠席してしまいましが、無事に終わることができて良かったです。

岩元先生と受講生の皆さんのおかげです。

ありがとうございました。

 

今までずっと心理学を学んできたのは、なんとなく生きづらい…。そんな漠然とした気持ちを解消したかったんだなと分かりました。

 

自分の家系のカウンセリングを受けたことで、なんだかスッキリしました。子どものことがずっと気になっていましたが、やるべきことが分かり子どもとも話をして、一緒に未来のことを色々考えることができました。

カウンセリングの中で、自分でも気づかない意外な出来事が、心にずっと残っていてモヤモヤの原因になっていたことがわかり驚きでした。

また、受講生の皆さんのカウンセリングを一緒に受けることで、自分自身にとっても気づきがたくさんありました。

 

講義はいつも楽しかったです。

先生のユーモアセンスに笑いっぱなしでした。

もちろん学びもたくさんあり、仕事にも日常生活にも活用しています。

HSPの話は、今まで自分は鈍感なタイプだからまったく関係ないと思っていたのですが、チェック項目にほとんど当てはまりびっくりでした。HSP関連の本を読んだり、勉強中です。

 

自分の人生を自分らしく生きる。

そんな当たり前のことに気づくことが出来ました。

泣いたり笑ったり、勇気をもらったり、本当に充実した期間でした。

一緒に勉強した受講生の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

副産物ですが、鹿児島にいる娘と定期的に会えたことも嬉しかったです。

 

またお会いできるのを楽しみにしています。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第五期 修了生 Mayさん(熊本)


今年2月にNLPファミリーセラピープラクティショナーコースを終えて、これまでの私の生きてきた世界の見え方ががらりと変わり、自分の心の器が少し広がったと感じることができました。それと同時に、自分自身の中にもう少し乗り越えたい何かがあることに気づきました。

もっと違う景色を見てみたい。そのためには岩ちゃん先生の元で学ぶしかない!」という思いが強くなり、今回の学びの半年間がスタートしました。

 

講義の内容や先生から発せられる言葉ひとつひとつに、「心って面白い!」「学ぶことって楽しい!」そう感じていた前半戦。

そして、「やっぱり先生ってすごい!」と感じるカウンセリングの時間。限られた時間の中で、全身全霊でクライエントに本気で向き合う姿、簡単に諦めない姿勢、相手の気持ちの引き出し方に目が離せませんでした。

 

そして、自分自身の心と向き合った後半戦。2度もセッションをして頂きました。

家族エナクトメントセラピーでは、昔の家族に守られ応援してもらい、何か温かいものに包まれたような感覚を覚えました。

 

そして、今目の前にある日常の全てに幸せを感じ、感謝の気持ちが湧き上がってきました。全てが愛しくてたまらない感じです。

 

また、最終日のセッション(融合のセラピー)では、遠い昔に置いてきた自分自身の淋しさや悲しみを引き出してもらいました。過去の幼い自分を現在の自分がまるごと受け止め、手を取り抱きしめてあげる…。とてもとても不思議な感覚でした。

まだ余韻が残り、ふんわりとした中に居るような感覚ですが、新しい自分として今日からまた一歩ずつ自分の足でしっかりと歩いて行ける、そう思うことができました。

 

先生、生徒ひとりひとりを大切に思い、時には厳しく、時には優しく先導して下さり本当にありがとうございました。

 

そして、今回のコースに参加したからこそ出会えた受講生の皆さん。たくさんの良い刺激をたくさん頂きました。皆さんとの学びの時間の中でセッションを受けられたことにとても大きな意味を感じ、感謝しています。ありがとうございました。

またそのご縁の中で、私達家族にとってとても大きな意味のある出会いに繋がったこと。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私が学ぶことに協力してくれた3人の可愛い子ども達、主人、両親達にも感謝しています。ありがとう!

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第五期 修了生 若松 良子さん(鹿児島市)

6月からの半年間参加させていただいてありがとうございました。多くの学び(特に自分自身ついて)を得ることができたことに大変感謝しています。

岩元先生のブログで「機能不全家族」という言葉を見つけて以来、会いにいきたいなと思っていました。

家族が機能していないという事を初めて意識した時は中学2年生の時でした。幼稚園くらいの時から「どこかに行ってしまいたい」、や小学生の時からは「もうやめてしまいたい」、「死にたい」といった気持が漠然と浮かんでくる自分がしんどく、自分のことが嫌いで仕方ありませんでした。そんな私はいつの間にか「自分が役に立つ」ということが大好きになり、高校生の時の選んだ進学先は看護学科にしていました。そして何となく養護教諭を目指していました。

 

そして時が流れて私も家族を持ち、今まさに機能不全に陥ってしまった我が家をすぐにでも助けてほしいという思いが募り、プラクショナーコースではなく、より実践的なマスターコースを受けたいと思ったことが受講動機でした。

 

 

初回講義を受けた後のメモに以下のように記されていました。

【半年後にどうなりたいかという問いに「人の話を聞けるようになりたい」でした。講義中に何度も過去に立ち返るシーンを見て、こんなにも過去に戻らないといけないのかと驚いた。そして私は今まで過去を振り返ってこなかった、振り返る必要がないと思っていたことに気がついた。動いて、考えて、頭や身体を忙しい状態にしておけば余計なこと考えずに済むといったことを体得してきた私は過去を振り返ることを許していなかった。昔から漠然と湧いてきた言葉には耳を貸さずに、未来の充実ばかり考えてきた。第一日程を終えた後に小さい頃から高校生くらいまでのことをノートに綴ってみた。嫌なことばかり出て来た。書き終わった後に向き合うべきところ、変わるべきところは私なのだ、夫ではない自分の心の中にあるこの気持ち、依存心?を手放していきたい】第一日程後に半年後の自分がなんとなく見えてきたところでした。

講義を重ねるうちに、クライエントは誰かに助けてもらうのではなく、自分で変えていこうとする覚悟が必要なんだということが分かりました。

 

途中、自分の中にある感覚が他の方のカウンセリングやエクササイズ中に重なり、自分が向き合わざるを得なくなった時に苦しく、涙があふれて、逃げ出したい気持ちに何度か襲われました。そんな私に、同期メンバーが「私も前はすごく泣きましたよ」と優しく声をかけてくれたり、そっとティッシュを差し出してくれて岩元先生からの叱咤激励してくれたこともあって、お陰さまで逃げ出さずに半年間、参加できたことに本当に感謝したいです。そこは、私、頑張ったと素直に喜びたいところです。

 

 

1月から、再び養護教諭として小学校に復帰する前に教えていただいた2つのことを心にとどめておきたいと思います。

一つ目は、言葉の使い方についてです。発する言葉には魂が宿っていて、安易な使い方をすると相手を傷つけてしまうことがあるので、慎重に選ぶようにします。

二つ目は、話の訊き方についてです。相手の話を聞くときは、分かったつもりにならず、訊くことに意識を向け、否定せずあるがままを受け入れ、○○さんという専門家に教えてもらう態度、ワンダウンポジションで臨みます。どちらも基本的なことかもれませんが、すっかり頭から消えていました。

 

私は半年間に大きなリソースを二つ手に入れました。

家族から離れて鹿児島に通って学んで、思いっきり遊び駆け巡った(美術館で絵画や絵本の原画を鑑賞して、名勝を周って、桜島にも渡った)経験と私をあるがまま受け入れてくれた寛大な同期メンバーす。私を支えてくれるリソースの仲間入りしたことが嬉しいです。私はこのことを忘れません。そして復帰してうまくいかないこともあるかもしれませんが手をトントントンと(タッピング)しながら心に問いかけることでしょう。

 

最後に残ってしまった課題についてです。

自分の過去を振りかえった時に過去の理恵に手紙はすらすら書けました。(第一日程後に私が過去をノートに綴ったことを岩元先生はご存じだったんですか?と疑いました。やっぱりそこが基本ですね。)しかしお返事はきちんと書けませんでした。「お手紙ありがとう。また改めお返事します。」それが精一杯でした。そして絵を描いてごまかしてしまった気がしています。これから私が向き合っていく部分なのかなと実感しています。そして改めて理恵にお返事ができるよう私が精進できることがまた楽しみになってきました

 

岩元先生の修了式での前向き言葉のシャワー嬉しかったです。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第五期 修了生 府中 理恵さん(東京都)


岩元先生、マスター5期の皆さん、半年間お世話になり、本当にありがとうございました!

私は福岡市内で子育て中のママ専門のカウンセラーとして活動しており、スキルアップのため、自分の子育てのため、何より自分自身のためにもっと学びたい!と思い、マスターコースを再受講させて頂きました。

 

再受講…ではあるものの、毎回見たこともないカウンセリング、新しい知識やスキルはもちろんのこと、どんどん増えていくケーススタディをごっそり持ち帰ることができたのは、日々臨床家としてさまざまな場所で活動されている岩元先生の講座だからこそ。

 

特に、マスターコースでは先生のカウンセリングをたくさん見ることができるので、ことばの使い方や間の取り方、所作など見逃したくない!という気持ちでいつもワクワクしながら取り組むことができました。

 

一方で、相談室の扉を開けると「ようこそいらっしゃいました!」と先生に笑顔で迎え入れて頂けることはずっと変わらず、その瞬間から「母親の私」はちょっとお休みをもらい、「ひとりの私」として過ごせる特別な時間でした。

 

 

初めて岩元先生の講座を申し込んだのは3年前。

 

当時は「母親である私が、自分のためにお金や時間を使うこと、ましてや県外に学びに行くことは家族に迷惑をかけてしまうのでは…」と罪悪感や不安でいっぱいでしたが、もしもあの頃の自分に会えたなら「勇気を出してえらかったね!ありがとう!」と伝えたいです。

 

なぜなら…家族のために何かを我慢したり諦めたりすることが幸せなのではなく、「自分自身のココロを満たして溢れたものを家族や周りに与えていく」ことが、巡り巡ってみんなのココロの笑顔にも繋がっていくことを学んだからです。

 

実際、毎回鹿児島から福岡に帰った翌日からはイイ感じにココロが緩んでいるんですよ。

 

私にとって先生や同期のみんなと過ごす時間は、カウンセラーとしてのスキルアップであると共に自分へのご褒美のようなものであり、自分を労わる時間をもつと自然とココロが笑顔になります。

 

自分のココロが笑顔になると、家で待ってくれていた夫や子どもたち、私のカウンセリングを受けに来てくださるクライエントさん…いろいろな方々への「ありがたいなぁ」と感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

そして…「ココロで思っていても1ミリも相手に伝わらない」という先生の教えのとおり、感謝の気持ちをことばで伝えることができるようになったのも3年前と比べて大きな変化のひとつです。 

 

もちろん、学んでいるとはいえ普段の母親の顔になると子育てでのイライラを感じることもあります。

が、そんな自分を責めるのではなく、コミュニケーションの悪循環を見つけて、次はどんなことができるか?どんなふうになりたいか?となるべく感情に巻き込まれないように意識できるようになったのは岩元先生の講座を受講できたおかげです。

 

これからも、家族やクライエントさん、そして自分自身のココロ笑顔のためにもっと学び続けていきたいです。岩元先生、5期のみなさま、本当にありがとうございました!そして、これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第五期修了生 佐々木 明子さん(福岡市)


岩元先生、半年間にわたる、大変貴重なココロの学びの時間を有難うございました。そして5期生のメンバーの皆さんとも、大変楽しく過ごさせて頂き有難うございました。

私が岩元先生のホームページを見つけたのは

分なりに頑張ってもどうやっても上手くいかない、解決法を考えてもわからない、人には話せない、上手くいかない事が増えていく、自分を大事にしたいのに自信がどうしても持てない、明るい未来が描けない。。

そんな思いに埋もれるような日々が当たり前になっていた時でした。

 

毎回の笑いと情熱溢れる♪岩元先生からのココロの学びの中でも、私が一番印象的だったは、「過去の人間関係が現在の自分を作っている」ということ。

その人の人生の専門家は悩めるクライエント本人なので、その人のこれまでの道のりをココロを傾けながら掘り下げて行く。そして、その人の助けになるヒントを的確に導き出す。

 

岩元先生のスクールは、人生再生工場だよ♪と耳にした事がありました。

本当にその通りだと思います。

 

ココロ悩める人が、本来の自分を取り戻し、その人らしさを十分に発揮できること

この年齢になって、こんな素晴らしい学びを教えて頂き、岩元先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、素敵な個性溢れる5期生の皆さんと、共に学ぶ機会に恵まれた事も幸運なことでした。 

 

半年間、皆さん有難うございました。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第五期 修了生 appleさん


マスターコース再受講したのは、普段は心理から離れていて、心理の勉強時間を取りたかった事。

学んだことを仕事に活かしていきたいって思って再受講しました。

 

家庭との両立も子供に相談したら行ってもいいよ👌って後押ししてくれました。

 

テキストも事例が沢山あり、毎回とても勉強になります。

 

新しい仲間との出会い、再会もあり、緊張というより懐かしいような楽しい時間でした。

 

今、困っている問題をカウンセリングしてもらえて、テキストも問題に合わせて作ってきて下さったりするのも先生の講座の特徴だと思います。

 

堅苦しくないけど、奥が深い。毎回勉強になりました。

いろいろありがとうございました。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第五期修了生 下尾崎 亜弥さん(鹿児島市)


今回で5回目のマスタープラクティショナーコース

欲しい成果は、感覚の維持とスキルアップ、言葉の使い方を毎回ひとつ以上取ること、でした。

 

毎回、がんちゃん先生がカウンセリングの中で紡ぐ言葉に集中した10日間でした。

 

毎回感じることですが、何度も繰り返し受講することで、前は拾えなかった言葉や言い回しなどに、気づくことも多かったように感じます。 

 

一緒に学ぶ仲間により講義内容が変わるコースだからこそ、自分の感じ方が違ったり、仲間の学びたいことが違ったりすることも今回のたくさんの学びにつながったと思います。

 

 

また、今回は国家資格の試験もコース期間中にあり、コースの中でメンタルコーチングを受けさせてもらえたこと、仲間からの応援の力をもらえたこともこの5期で得られた大きなものでした。

 

がんちゃん先生と5期の仲間に感謝です。

 

ここで学んだことを日々の目の前のクライエントのために活かし、そして、さらに学びを深めていきたいと改めて心に誓うことのできた10日間となりました。

 

がんちゃん先生、5期の仲間のみんな、どうもありがとうございました。

これからもアフターフォロースクールなどでよろしくお願いします♪

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第五期 修了生 谷尾 易子さん(福岡)

  • IVF詠田クリニック(092-735-6610)←  福岡近郊在住で心理師 谷尾易子さんのカウンセリングを受けてみたい方(女性のみ)は電話予約を♪ 

その他のコース修了生の声

1 税抜価格