コース修了生の声 ②(2017年~)

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第三期修了生

私はずっと、家族や周りの人たちとの繋がりや、関わり方に、

戸惑ったり、振り回されたり…それでも言いたいことが言えずに、落ち込んだり…。
本当は自分はどうしたいのか、自分の心の声さえ聞こえなくなっていました。

このまま生きづらさを抱えて、

生きていきたくないな…

 

これからも続いていく人間関係に、苦手意識や恐れを持ったまま、過ごしたくない…。
でも、どうしたらいいのかわからなくて、

笑顔でごまかしながら過ごしていた毎日。

そんな時に友人から、
“鹿児島に、凄い心理カウンセラーがいるよ”
と先生のブログを教えてもらいました。

NLPってなんだ⁇
ファミリーセラピーって⁇
アダルトチルドレンって何⁇

そんなことも知らぬまま、私は、
“これだ‼︎  きっとこの先生のところに行けば、何かが変わるはず‼︎”

私にとって、知らない世界や新しい環境に飛び込むのは、とても勇気がいることでしたが、

今動かなければ、絶対後悔すると思い、受講申し込みをしました。

岩ちゃん先生の講義は、まるで噺家さんのように面白く、それでいて常に真剣で、

私のように心理学初心者にも分かりやすく、興味深い内容ばかりでした。

でも何より、私がこの半年間でいちばん良かったと思うことは、

本物のカウンセリングを、何度も実際に受けたり、間近で見ることができたことです。

初めて岩ちゃん先生のカウンセリングを受けた時のことは、とても印象深いです。

自分の中にある怖れ、悲しみ、怒りといった負の感情を、

誰かに見せることに抵抗があり、不安で迷っていると、

今までにも岩ちゃん先生の講義やカウンセリングを何度も受けてきた同期の仲間から、
“いっぽ踏み出せさえすれば、自分には先の景色が見えていなくても、

岩ちゃん先生が、ちゃ〜んと着地させてくれるから、大丈夫だよ。”
とアドバイスされ…
まるでバンジーを跳ぶ気持ちで、カウンセリングをうけました。

その中で見えたものは、幼少期の切ない思い出だったり、

忘れたくて、なかったつもりにしていた記憶だったり、

気づかないふりをしていた感情だったりしました。

頭の中はグルグル、ココロが波打ち、涙がたくさん溢れました。
たくさんの涙を流すたびに、こんなにもたくさんの感情を、

小さい時から心と体の中に閉じ込めたままにして、

今日まで生きてきたのだなあと、気付くことができました。

そして、その様子を周りで見守ってくれた同期の仲間の存在も、有難いものでした。

ここには、絶対に否定したり、傷つけたり、茶化したりする人はいない。
心に真剣に向き合う人しかいない。
だから安心して自分の心に向き合えたのだと思います。

私は一生涯、本物のバンジーを跳ぶ気はないですが、心のバンジーはこれからもまだまだ必要です。(笑)

もっと心の世界について知りたい、学びたいという欲が出てきたことが、

私の中の大きな変化であり、成長かもしれません。

地元鹿児島で、こんなにもスゴイ先生の下で学べた幸運に、

そして懐の深い、個性派揃いの素敵な同期の皆さんとご一緒できたことに…心から感謝です。

半年間、有難うございました。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第三期 修了生 川上 智子さん


今回は、2度目のマスターコース!プラクティショナーも入れると3度目の受講となります。

前回のマスターでは…母親に対しての感情や想いが出て母親を知ることができたのですが、それと一緒に自分自身の存在意義について考えるようにもなりました。

 

そんな状態での今回のマスターコース…自分自身について、嫌でも知ることになりました(笑)

 

わかっていたことなのですが、自分の嫌な部分、見たくない部分に蓋をしていたのでしょう。

 

先生と話すことで、心の奥底に閉じ込めていた自分の本性に改めて気付かされることになりました。

自分を認めたくないおもいもありながら、先生ありがとうございます。といった感じでもありました。

 

 

先生のカウンセリングは、これまでも何度も受けてきていますが、毎回、腑に落ちる感覚があり終わった後に、なぜこうなり、感情が揺れ動いたのかが理解でき、納得して終わることができます。

 

そして、「うまくいくかも!」という気持ちにもなれます。

 

先生から、言われたことも実行すれば上手くいくので、辛口な言葉をいただいても(先生は辛口と思っていないでしょうが…)納得がいくのです。

 

何度受けても楽しい講義!日本一と思えるカウンセリング!

素晴らしいの一言です。

 

岩元先生、ありがとうございました。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第三期 修了生 有村 憲子さん


スクールに通おうと思ったきっかけは、夫がうつ病になったことです。
夫がかわいそうで、気の毒で、、。

家族を守るため、私が頑張らなくちゃ!
専業主婦10年、働かなくてすむなら、ずーーっとただの主婦でいたかったけど、

私が夫の代わりに稼いで、

家の大黒柱になればいい!私が頑張らなくちゃ!
そんな思いで頑張っていたのに、、
気が付いたら、夫のことを心の中で責めて、

責めて、、、
でも実際には口にだせず、、、
我慢して、我慢して、我慢して、、、、、、、。
無理やりいい方に考えてみても、、、

苦しくて、、。


腹の中にある、真っ黒な思いを、誰かにきいてほしくて、、
アドバイスとか、ジャッジとか、そんなのはいらないから、
ただ聞いてほしくて、、、。

振り返ると、本当にいっぱいいっぱいな時期でした。

カウンセリングは料金も結構高いし、話を聞いてもらうだけのことに、
お金を使うのも悪い気がして、イオンのオープンカウンセリングに行ってみたのですが、
たった1回のカウンセリングで、衝撃をうけたのを覚えています。

悩んだり、苦しくなってる時って、周りが全然見えていないんですね。
そして、自分のことも見えてなかった。

あれから1年ちょっと。
毎回スクールに通うのが、本当に楽しみでした。
周りの人が受けるカウンセリングに、ときに自分も癒され、気づかされ、
心のしくみを学びながら、仲間と先生に助けられて、自分を見つめることができました。
教わったことを、家庭で実践してみたり、
職場でちょろっと使ってみたり、
学んだことが、全部役にたっている感じです。

おかげさまで、夫も元気になり、私もまたただの主婦に戻りました。
夫と目が合うだけで大泣きしていた3歳の娘も、
なんだかんだ騒ぎながら、夫と楽しく遊ぶ姿を見せてくれるようになりました。
泣き虫で、落ち着きのなかった息子も、
本当は目立ちたがり屋で、おしゃべりで優しいってことに気が付きました。
気が強くて、拗ねてばっかりの娘も、
器用で、優しくて、ちゃっかりしてるってことが判明しました。

私の考え方、私の家族の見かたが変わっただけで、
こんなに家族の関係が変わるなんて、、、。
感謝しても、しきれないくらいです。

きっとこの先も、迷ったり、悩んだり、色々なことが起こると思いますが、
これからは無理な我慢を自分に強いることなく、
その時に感じる、自分の思いとか、ココロを大切にして、
成長していけるような気がします。

心理学って、とっても、とっても、面白いです。
またアフターフォロースクールに学びにいきます。
ありがとうございました。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第三期 修了生 西森 智子さん


講座の初めに…前回から今回までの1ヶ月間での変化を話す時間がありますが、

その時間があることで自分の振り返りが出来るし、みんなの前で話すことで、

変化をより実感出来たり、気持ちがスッキリしました。

また、メンバーの話を聞く事でメンバーとの距離がグッと縮まるような感覚になってました。

家族間の事は自分の家族が基準でしたが、学んでいく中で、いろんな家族の形があること、家族の関係も一人が変われば家族全体も変化する事がよく分かりました。


親や先祖について振り返り、カウンセリングを受けた事で家族の心のクセを知る事が出来ました


講座の中で様々な法則を学び、姉弟でもその子に応じて接し方が違うので、これからも意識していきたいと思ってます。


講座を受けてから、日常で起こる出来事に対して動揺しにくくなりました。周りの見方もおおらかになった様に思います(笑)。

 

講座の補講やDVDもありがとうございました。

参加出来ない時もDVDや補講があって心強く、親切だなぁ~と思いました。


学びも出来るし、先生のラフ過ぎる感じに真面目な私もいい意味で感化された感じがします(笑)。


以前より自分を信じられる、認めてあげられるようになりました。
地元鹿児島で凄い先生に出会えて良かったです。これからもよろしくお願いします。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第三期 修了生 下尾崎 亜弥さん


イオンモールでの先生のオープンカウンセリングセミナーを受講し、他の人が受けているカウンセリングを見て、なんとも不思議な感じと何故??がいっぱいでした。どうしてあんな話の流れになったんだろう…それが私のスクールを受講するきっかけでした。

そして受講して、笑いありの楽しい講義、満腹で睡魔が襲う午後はエクササイズ、睡魔が襲う事もなく半年間講義を受けることができました。


そして、講義が進んでいくなかで自分自身のなんだかわからない不安な気持ちや落ち込む気持ちの原因が分からず、また人の前で悩みを話す勇気が持てず5ヶ月目にやっと自分の「こうなりたい」にたどり着き、カウンセリングを受けることができました。その前から何回か先生にはカウンセリングを希望しましたが、先生は決して無理にカウンセリングすることをせず、いつもその時の私の気持ちを確認してくださり、受けることができました。


自分がカウンセリングを受けてみて、長く私の心の奥にあった罪悪感が、許しを得られ涙が止まりませんでした。答えは自分の中にあり、その答えに気づかせてくれるのがカウンセリングであり、カウンセラーの役割であることを実感した瞬間でした。


最近では人と会話しているときでも、アイパターンや家族構成が気になったりしています(笑)

そして、私は今回のマスターコースがスクールの初参加で、三期生のみなさんと色々なお話ができたこと、またエクササイズを一緒にさせてもらったことでたくさんの気づきが得られたことは、本当にに感謝しています。
三期生のみなさん、岩元先生、半年間、ありがとうございました。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第三期 修了生 前岡 由美子さん


今回も色々な事を教えていただき、ありがとうございました。

私は昨年度分でプラクティショナーコースを受講していたため、

マスタープラクティショナ―コースはその延長線上に近いのかな?と思いながらの受講でした。

 

プラクティショナ―コースに比べてカウンセリングの時間が多いことや、

プラクティショナーコースでは学べないことや実践的なことを多く学べることは教えていただいていましたが、

実際に受講し始めるまでは未知の領域だった為、ワクワクとドキドキが入り混じって第1回目の受講を迎えさせていただきました。

 

今回半年間の受講を終えて、まだまだ学ぶべきところはたくさんありますが、

自分の癖や、考え方、実践的なカウンセリング技術の数々等、多くの事を学ぶことができ、充実した半年間となりました。

 

涙もたくさん流したり、苦しい時もあったりしたけれど

 

最後に自分の一番の本音として「とても楽しかったです」と綴って、半年間の感想としたいと思います。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第三期 修了生 鶴田 美和子さん


今回で3回目の受講。

集まるメンバーによってこうも違う感じなのかと体感した講座でした。

今回はいろんな意味でココロ揺さぶられる時間となりました。

 

まだまだ自分が知らなかった、気づかなかったココロのクセが浮き出してきて、どうしようもなかったり、時に客観的に自分の見立てをしてみたり...

 

場がつくりだすものがそうさせているってことを一番感じた半年間でした。

 

自分のルーツ・家族をたどるキッカケになったのもすごくよかったなと感じてます

 

この講座を通じて浮き彫りになってきた心理カウンセラーとしての課題、自分自身の課題としっかり向き合って行こうとこの感想を書きながら決意を固めました。

 

この学びの歩みをずっと進めて行きたいです。

半年間ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします♪

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第三期 修了生 谷尾 易子さん


3年ほど前にプラクティショナーコースで学びながら

「自分なんて消えてしまったらいいのに」っていう気持ちがなくなって 随分楽になったけど、

 

その後も、自分の足がしっかり地についてなくてなんだかフワフワした様な感覚、自分の落ち着く場所がないような感じがあること。また家族との関係もやっぱりしっくりこない感じがあり 今回マスタープラクティショナーコースに参加しました。

半年経ってみて、

「どんな自分でも良いんだな」ってなんとなく

自分で自分を認められてる感じです。

 

 

そして、イライラしたり嫌だなって思っても次の日には嫌だけどやってみようかなと思ったり、きちんと気持ちが切り替えられてることが多くなったような気がします。

 

 

初日に書いたゴール設定を振り返ってみると
★「欲しい成果や結果が何か?」
  • 孤独感や寂しい気持ちや無力感が楽になる。そして、この気持ちのルーツを知る
  • 自分の心と素直に向き合う
  • 自分の心のクセを知り、向き合い方が分かる
「その成果や結果を手に入れたら感じていることは?」
  • 人生楽しい。
  • もっと色んな事を知りたい・学びたい・やってみたい と前向きになれる感じがすると思う。
と書いてました。知らないうちに、きちんとゴール出来てました(^ー^)
先生から学んだ事はもちろん、
この同期メンバーだから学べた事や感じた事がたくさんあったと思います。

 

本当にありがとうございました!

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第三期 修了生 仮屋 美智江さん

2回目のマスターコース、今回もすごく楽しくてあっという間の半年間でした。
講義内容も先生のカウンセリングも今まで見たことのないものが多く、毎回うなるばかりでした。

そして、プラクティショナーコースからずーっと通い続けていた私ですが、今回初めてカウンセリングを受けました。

本当はもっと前から受けたい気持ちはあったのですが、自分のココロの奥にある本当の感情と向き合うのが怖いというか…見たくないというか…。
でも、カウンセリングが終わった瞬間、「わー!受けて良かったー!スッキリーー!」という気持ちで満たされていました!

カウンセリング中の、何かがストンとココロに落ちるあの感じ。不思議だけどなんともいえないフワーッとしたあの感じ。カウンセリングって、ココロって本当におもしろいですね。

今回も個性あふれるメンバーと一緒に、笑いあり・涙ありの学びの時間を持てて嬉しかったです。
これからも、もっと学びを深めていきたいと思います。
岩元先生、今後もよろしくお願いいたします。

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第三期 修了生 菅沼 幸子さん


エリリンさんへの修了式でのインタビューより

 

「プラクティショナーコースに引き続いてマスターコースにご参加されて…そして今、修了してみて、エリリンが一番変わったことって何ですか?」

この一年で一番変わったことは…気が抜けました、いい意味で。

 

「コースに参加する前はどうでした? 気が張っていた?」

そうですね、おそらく…多分。子育てのイライラとか、できない感じとか、苛立ってました、すごく。

 

「前のエリリンと、今のエリリンとでは何がどんな風に違うの?」

前と違うのは…前はひたすらイライラしてたんですよね、子どもに対して。(涙)ひたすらイライラしてたんですけど、イライラしてた子どもに、「私」を見てて、イライラしてたんだなぁって、思ったかなぁ。なんでこんなにイライラするのか分からなくて…ホント。何で子ども産んだんだろうとか…思ったりしたけど、子どもが…私をイライラさせるようなことをしてきた時に、ホントは私があの時こうして欲しかったんだなぁとか、それを出来なかった悔しさを自分の子どもはズルいなぁとか…それに気づいた。それを(コースに参加する)一年前は知らなかった。それが一番大きいかな(涙)

 

「大きいね、そっか…」

今も(子どもたちには)イライラしますけど(笑)…、あの時の私もこんな気持ちだったよねぇって。余裕がちょっとあったら、あの時の私だったらこんな言葉を掛けて欲しかったなぁとか、あの時に抱っこして欲しかったなぁとか…考えて、その時に出来る事があるのは大きく違う、自分の中で。ホント(育児は)義務だったんですよね。子どもは…生き物としては可愛いいし愛情はある。だけど、ホント面倒くさい生き物…だったのが、こっち(私)から歩み寄ると向こう(子ども)も素直になったりとか、可愛いところがまた見えたりとかして、前よりは育児が楽になった。可愛いと思える時が増えた。

 

「いいね♪ それは…エリリンにとっては良かったこと?」

うん。苦しいだけじゃなくなった。

 

「それは…お母さんが苦しくなくなってきたことを、子どもたちは何となく分かってる感じなのかな? 前は(育児が)義務だった訳じゃない。」

前よりも…(子どもたちは)ダラダラするようになりました、私の前で(笑)。ホント言うこときかなくても、それはそれでイライラするんですけど(笑)…、要求が「抱っこして」とか「やって」とか、その辺でゴロゴロゴロゴロとかが、自由になった気がします。

 

「さっき…ここに来て一番変わったこととして、気が抜けたって言ってたよね。子どもたちも…ちょっと気が抜けたのかもね、ママの気が抜けてるから。」

そうかも…。そうかも…(涙)

 

「その涙は…(エリリンに)何を教えてくれているの?」

この涙は…頑張ったなぁ、私って…。

 

「(拍手:パチパチパチ)…じゃあ、ちょっと嬉しい涙?」

うん。そうです。可愛がりたいけど、可愛がりたくなかったんです。(子どもは)ズルいから…。子どもばっかり…私にはない自由と、気楽さと、ご飯食べないって言っても…外に締め出されることもないし…、あれ欲しいとか…思ったことを言える奔放な感じとか、なんか…私にはないものをそのまま持っているのが、ホントに羨ましかったから(涙)、自分の子どもなのに…ちょっと憎らしいところもあったけど、でも…そんな風に育ってくれて、良かったなぁって…。葛藤があったけど、頑張ってるなぁって、もう自分にも言える。

 

「素晴らしい。自分のココロのグラスがちょっとずつ満たされ始めているね」

そうですね。あと…(地元から鹿児島に学びに来ることで)一カ月に一度(育児から)離れられたのは、すごく良かった。全然、自分独りの時間がなかったので…。(子どもを)預けて独りで出掛けるとか、外食もしなかったし、なんか無かったんですよね、そこが…。私のキャパの中に…。(保健師として)他のお母さんたちには「そういうことを皆しているよ」って言うけど、自分の中では…それは無かったんです。

 

「(そうすることは)罰のルール?」

そうそう。(保健師として)人には言うけど…。だから余計に自分の首を絞めてたんですけど…、それが月一回でも(子どもたちと)離れて、一回リセットして…自分に戻る…時間が持てた。とても…ありがたかったです。

 

「良かったね。素晴らしい。よく頑張りました♪」

頑張りました(笑)

 

 

NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース 第三期 修了生 エリリンさん 


東京NLPファミリーセラピー・メタプラクティショナーコース 第一期 修了生

岩元先生、鹿児島、東京と9か月間大変お世話になりました。

鹿児島と東京の両方の講義を受けられて感謝の気持ちでココロがいっぱいです。

 

両方受講したからではありませんが、先生主催の鹿児島コースには鹿児島コースの良さがあり、祐天寺イデアサロンオーナー伊藤さん主催の東京コースには東京コースの良さがありました。

 

鹿児島のコースにはご家庭をお持ちの方が多かった事もあり、子供に対しての問題を取り扱う事例が多かったと思いますが、東京コースは逆で、子供から親に対しての問題を扱うことが多かったと思います。

 

また、どのコースも女性が多く男性であり離婚を経験している私は、どちらの教室でも立ち位置として常に逆の立ち位置にいるような感覚で受講していました。

 

なぜなら、自分にも身に覚えがあるような事例が多数あったからです。

 

他の受講生のカウンセリングのはずなのに、私自身の過去の苦しい記憶が蘇り、当時のココロも見事にフラッシュバックし、まるで問題の対象が私の事を取り扱われているかのような不思議な感覚に包まれた事も何回もありました。

 

そこから、元嫁の事や子供達のあの時のココロと私のココロ、今は亡き両親のあの時のココロと私のココロ、兄妹のあの時のココロと私のココロ、友人のあの時のココロと私のココロ、退社した会社の人間関係とあの時のココロと私のココロ、まさに自分の生きてきた道とココロを双方の立場に思いやりながら俯瞰して見られるようになれました。

 

この気付きは今後の私の人生において多くの幸福をもたらすと信じています。

そして、ココロより感謝申し上げます。

 

最後に、半年間楽しく共に学んだ皆さん、久しぶりに共に学ぶことが出来た庄司さん、主催していただいた伊藤さん、がんちゃん先生、皆がいたからこそのこの学びだと思っています。

 

ありがとう。そして、学びに終わりなし。

鹿児島プラ10期生、東京メタ1期生、がんちゃん先生、更に共に学んでいきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

 

東京NLPファミリーセラピー・メタプラクティショナーコース 第一期 修了生 廣川 英昭さん


岩元先生、

半年間本当にお世話になりました。

 

心理学に子供の頃から

興味がありすごく学んでみたかったけれど

いろいろな事情であきらめかけていたんです。

でも思い切って今回のコースを受けることにして、そして先生から心理を学ぶことができて本当によかったなって思っています。

 

講義は毎回爆笑を織り交ぜながら

楽しくてとても内容の濃いものでした。

 

初めて心理に触れる私にはたくさんの新しい言葉やセラピーの方法などを学ぶことになり、

楽しいけれど頭がついていかなくなることも多々ありましたが、

先生の話術とクラスのみんなが居てくるおかけで頑張って付いていく事が出来ました。

 

講義の合間にセラピーも受けさせて頂きました。

今まで見ないようにしてきていた自分のココロと向き合ってみて

前よりすこし自分が好きになれたような気がします。

 

そしてクラスメートの皆さま本当にお世話になりました。

最高のメンバーだったなぁ。たくさんの勇気をくれてありがとうね。

 

そしてそして伊藤さん、

岩元先生を東京に呼んでこのコースを主宰してくれて本当にありがとうございました。

感謝しています。

 

まだまだ学びはじめたばかりの私ですが自分のペースで引き継き勉強を続けていきたいと思います。

 

先生、本当にありがとうございました。またこれからもよろしくお願いします。

 

 

東京NLPファミリーセラピー・メタプラクティショナーコース 第一期 修了生 正田 総子さん


「どんなスクールで誰から何を学んでみたいと思いますか?」と問われたら…

わたしは、元気いっぱい、こんな風にお応えすると思います。

 

安心して「心」をさらけ出せる中で、

自らが気づき、心地好く「未来へ」向かって歩みだせる「スクール」で、(スキル内容は大前提)

NLPメンタルコーチング 岩元應和心理相談室 岩元先生から学びたいと。

 

そして…今、理想の「スクール」に通え、学べた幸せを満喫しています。

 

岩元先生からずーっと学びたかった

家族の心、家族のシステム、役割、そして、

ファミリーセラピー。

 

あれから五年。念願が叶い、毎月、喜び勇んで

上京し、先生のNLPファミリーセラピーメタプラクティショナーコースを、学ばせて頂きました。

 

半年間の中で、亡くなった父のこと、健在の母のこと、

姉のこと、離婚した夫のこと、子どもたちのこと、そしてわたし自身の「なぜ」に、

想いを馳せ、なぜ、そうだったのか、なぜ、そこだったのか…すべてが腑に落ちた時、

「家族」在る幸せ、そして「家族として在った事実」に心からの「ありがとう」を感じました。

 

父母、姉、そしてわたしの役割、

家族のシステムが明確になっていくと共に溢れる「至福感」

そして、さらに繋がる「元夫とわたし そして子供たちと創ってきた家族」への感謝。

 

「ありがとう」が増えていく、そして、

幸せという感覚が溢れてくる「学び」を修了させて頂き、とっても嬉しいキモチでいっぱいです。

 

岩元先生ありがとうございました。

 

 

東京NLPファミリーセラピー・メタプラクティショナーコース 第一期 修了生 庄司 真弓さん


この半年間は本当に濃い学びの時間でした。

 

確か講座初日、

岩ちゃん先生が「歩みを止めることは年老いていくことと同じだ」という話をされ、変化が怖い私はひとり衝撃を受けていました。正確には変化の結果「失敗することが怖い」なのですが。

でも学びを進めていくうちに、NLPの前提でもある「失敗は存在しない。フィードバックが必要なだけ」という言葉に支えられ、自分の中で小さくてもチャレンジしてみようと思うようになりました。


また岩ちゃん先生の

「失敗も修正をすることで経験となり、大切なリソースとなる」という言葉もとても励みになりました。

講座では心理カウンセラーとしての基本的な技術はもちろん、

言葉選びの繊細さや所作、声の抑揚、それらがクライエントにどう影響するかなど、

豊富な臨床経験をお持ちの先生だからこそ聞けるお話しがたくさんありました。


またカウンセラーとしての倫理や精神疾患、リスクの予防と回避方法に至るまで内容も多岐に渡り、
正直半年間では消化しきれないほどの濃い内容でした。

この半年で学んだNLPファミリーセラピーを通して、

これから自分の家族との関わりを少しずつ変化させていけたらと思っています。


そして一緒にNLPファミリーセラピーを学ぶことができた受講生のみなさんありがとうございました。
本当に楽しい学びの時間になりました。


特に岩ちゃん先生を東京へ招致してくださった主催の伊藤さん、

いつも素敵な場を創っていただいてありがとうございました。

 

生の講座で初めて触れた心の世界は想像していた以上に

 

楽しく面白くいつまでも学んでいたいものでした。半年間ありがとうございました。

 

 

東京NLPファミリーセラピー・メタプラクティショナーコース 第一期 修了生 畠山 久恵さん


ボディワークのセラピストとして身体のことを知るほど、心と体のつながりが切っても切れないものとしてあることを知り、ずっと学んでみたいと思っていた心理の世界。

 

先生のブログを拝見して受講したいと思ってからあっという間に願いが叶い、今は心から受講してよかったと思っています。

 

受講中の先生の話や映像、テキストの内容やたくさんの症例など本当に多くのことを見て聞いて、覚えてと学ぶことに夢中でしたが、同時にたくさんの時間、自分の心に向き合い、心のクセや感情、家族との関わりなど今まで見ないでいたものを見つめることが少しずつできたように思います。

 

講義は面白く笑いが絶えず、事例が多いので

心理初心者の私でもわかりやすい内容で安心して受けることができました。

 

先生のカウンセリングを受けて、

そして見て、改めて言葉と訊くこと、

非言語のコニュニケーションの大切さや重要な役割を理解し、

早速仕事の中でお客様とのコミュニケーションに変化を感じていて驚いています。

 

先生と今回一緒になった受講生のみなさんに出会え、時間を共に過ごせてとても嬉しいです。

またこれからもマスターコースで心の世界を楽しく学んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

 

先生、また来月からよろしくお願いいたします。

 

楽しみにしております!

 

 

東京NLPファミリーセラピー・メタプラクティショナーコース 第一期 修了生 森藤 美奈子さん


がんちゃん先生、半年間、本当にありがとうございました。

 

保育士として20年、たくさんの親子と関わってきて、養育者が子どもに与える影響の大きさを感じてきました。

よりよいサポートができるようになるために学び始めてから出会った方に教えていただいのが、

がんちゃん先生でした。

 

東京講座を開催されると聞いて、即断で受講し始めると、内容の深さに驚き、頭も心もフル回転して沸騰するような感覚になったのを覚えています。

 

ココロのクセ、家族システムの重要さ、

カウンセリングの手法、言葉の使い方…数え上げればきりがないたくさんの学びはもちろんですが、

特に響いたのは、人のココロと向き合う時のマインドです。

 

保育士などは熱心な思いから、時に「相手をよくしてあげよう」と考えてしまうことがありがちで…

・その人自身がその人の人生の専門家であるということ

・本人に変わりたい改善したい思いがあるか

・クライエントが自分からココロの自立ができるように、カウンセラーは目的地へご案内するタクシードライバーになるということを教えていただいて、相手のココロに寄り添うことをより意識できるようになったかなと感じています。

 

そして、現役バリバリの臨床家でもあるがんちゃん先生の豊富な事例によるケーススタディは、

これからの親子や先生のサポートをする上で、世界がとても広がるものになりました。

 

心理カウンセラーとして活動する上でとても重要な倫理や、知っておくべき心の病気のことも内容に入っているのは、いろいろと心の勉強をしてきて初めてのことでした。

今後実際に活動していく受講生と、そのクライエントさんのことまで考えた、がんちゃん先生だからこそのきめ細かい教えだと感じています。

 

そんなたくさんの学びから、自分自身のココロのクセに気づいたり、実際に先生のカウンセリングを受けて、ココロの奥に凍りついていた感情を解放するこどでき、私の人生までココロ笑顔になっていきました。私が変わると家族も変わるのを実際に体験してびっくりしています。

 

 

また、受講生一人ひとりの質問に丁寧に答えていただき、みんなで疑問も答えも共有して深められたのは、少人数だからこそ。お互いに理解しあった仲間とリラックスして、アットホームな雰囲気の中で、大笑いあり、涙あり、真剣に話をすることもできました。

 

全てがこれからの人生や活動の宝物になりました。

 

本当に素晴らしい半年間をありがとうございました。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

東京NLPファミリーセラピー・メタプラクティショナーコース 第一期 修了生 萩野 園子さん

1 税抜価格