スクールの特徴/受講生のメリット

当スクールの理念

「目に見えない自分の問題を解決したい」そして「家族や友だち、職場のスタッフまたはいろんな人たちの心のサポートをしたい」といった人たちのご要望にお応えし、本格的な心理セラピスト、心理カウンセラー、メンタルコーチの育成の場として「NLPファミリーセラピスト養成スクール」を開校することにいたしました。

 

心理セラピスト、心理カウンセラー、メンタルコーチといったプロの心の援助者に求められている最優先課題であり最大の目標とは、自分自身の内面のいかなる悩みも問題もクリアにしていくことです。

 

例えば・・想像してみてください。

 

仮に、あなたがご自身の問題解決がなされぬままプロの心の援助者になったとします。

そして、目の前のクライエントさんの抱えている問題が、あなたの自身の抱えている問題と同じで、あなたの心を揺さぶり始めたとしたら・・・。または、クライエントさんの話に耳を傾けていたら、あなた自身の心の傷がうずいてしまい、目を背けたくなるよう感情が溢れてきたとしたら・・・。

果たして、その時のあなたはプロとして最善の援助ができるでしょうか?

 

あるいは仮に、あなた自身が鉄仮面の様に装い、その場をプロの援助者としてクライエントさんに見透かされないようやりすごしたとしても、あなたは自身の心の中に大きなストレスを抱えてしまうのではないでしょうか?

 

当スクールの講師である私 岩元が、まだ大学院生として心理臨床家になるためのトレーニングを受けている当時、キャリア15年ほどのプロ心理セラピストの諸先輩より「私たちの様な心理の援助職の先輩方は平均寿命より早く亡くなっている方が多い」と耳にしたことがあります。

特に、その先輩も根拠を話してくれた訳ではありませんが、おそらく、クライエントさんの抱えている問題を目の当りにすることから目に見えないストレスを抱えてしまい、それが蓄積されると、援助者自らの寿命をも短くしてしまうといった理由だったように覚えています。

 

その後、時を同じくして、経験豊富な心理セラピストの諸先輩が、あるクライエントさんとセッションを通して向き合った後に、立てないぐらいグタグタにお疲れになって ソファーで1時間ほど横になっている姿を目の当たりにしたことがあります。正直、当時の私は大学院研修生で臨床経験が浅かったこともあり、「(プロ心理セラピストって)クライエントさんと向き合うたびに自分の命を削っているのかなぁ」って、そんな風に感じたものでした。

今、経験ある心理臨床家としての自分が当時の先輩のグタグタの姿をについて考えることができるとすれば、もしかしたらあの当時の先輩セラピストは残念ながら、ご自身の心の問題を解決できていなかったのではないか・・ということです。

 

 

ここであなたに質問です。

 

あなたが普通の気持ちではいられなくなるような相手の言動(言葉や態度)ってどんなことですか?

こういう人だけは絶対に許せないって感情が動かされるとしたら、それはどんな人ですか?

 

もしかするとこの答えが、あなたの悩みや問題の根本原因のヒントになるかもしれませんね。

 

 

当スクールでは心のトラブルを抱えている様々な人たちを心理的アプローチで援助する心理セラピスト、心理カウンセラー、メンタルコーチを育成していきます。

そのためには、心理セラピストを目指す ”あなた自身の目に見えない心の問題”をNLPファミリーセラピーコースを通じて気づいていただくことに始まり、問題解決を目指していくことによってNLPファミリーセラピーの素晴らしさを体感し、そして次なる段階で、他者の心のトラブルをNLPファミリーセラピーのスキルを使って解決できる援助者としてスタートできる役割をお手伝いしていくことが重要であると認識しています。もちろん通常コース後のアフタースクールも含めて。

 

当スクールでは、心理セラピスト、心理カウンセラー、メンタルコーチを目指すお一人お一人に、プロの対人援助者としての「視座」を築いていただくことをお約束します。

 

 

NLPファミリーセラピスト養成スクールは「NLPメンタルコーチング岩元應和心理相談室」が運営しております。

  

 

スクールの特徴

当スクールは全米NLP協会(American Board of Nuro-Lingustic Programming)公認のNLPセラピスト養成校であり、講師である私はNLPの世界的権威であるDr.タッド・ジェームスのプロフェッショナルトレーニングを修了し、4日間に及ぶ厳しい試験に合格して同協会公認のNLPトレーナー資格を有しています。

もちろん、NLPを教えることができるNLPトレーナーと呼ばれる先生方は、日本だけでもかなりの数がいらっしゃいます。ほとんどのNLPトレーナーが僕と同様に、NLPトレーナーになるために、例えば、リチャード・バンドラー、ジョン・グリンダー、ロバート・ディルツ、クリスティーナ・ホール、リチャード・ボルスタッド、ジョセフ・オコナー・・といったような”NLP界のマスター”と呼ばれるトレーナー主催のNLPトレーナーになるためのトレーニングを修了されていらっしゃることと思います。

 

 

 

では当スクールと他のNLPスクールとの大きな違いは何でしょうか?

 

 

九州は鹿児島で心理臨床家である岩元應和(マサカズ)から

NLPファミリーセラピーを学ぶことで、あなたにどんなメリットがあるのでしょうか?

 

 

 

その一つは、当スクールでは講師である私自身が、受講生お一人お一人に細やかなアドバイスを行うことを最優先するために、少人数によるコース開催を採用していることにあります。

 

 講義中に、たとえどんな小さな疑問でも、遠慮なくご質問いただくことができます。

「この質問したら恥ずかしいかな」とか、「また質問するとみんなからどんな風に思われるかな」って考えについては私のコースでは一切不要です。あなたのご質問は、他の受講生にとっても大きな財産になりえます。あなたの中で「?」がある時、勇気を出して質問して下さい。おそらく10分後には、質問前のあなたより大きな成長を感じることができるでしょう。

そして、当スクール最大の特徴であり他校との最も大きな違いは、講師である私の心理臨床家としての臨床経験の豊富さと、精神病理について初学者にも分かりやすく伝えることができる現役の”臨床心理学講師”というキャリアです。

 

例えば心理臨床に関する実践者という側面で言えば、これまで心理セラピーを通して向き合ってきた数千名におよぶクライエントさん達とのケース事例が、現在の僕のもっとも大きな財産になっています。

 

また例えば、臨床心理学講師という教育に関する実践者という側面で言えば、九州最大の医療系専門学校で2016年現在、「臨床心理学」や「心理測定法」「カウンセリング論」等の非常勤講師として今年10年目を迎えています。そして私自身は、精神病理について基本的な知識と、その症状を引き起こすに当たり心の中でどんなことが起こっているかなどの病理を抱える人間の心の仕組み、心理セラピーで可能なアプローチ法など、教えることを得意としてます。

 

私は心理臨床家として、私のセッションを初めて受けてくださるすべてのクライエントさんに、メンタルコーチング承諾書という契約書的な書面にご署名をいただいています。その中で「学会発表や講義等でケース事例を使ってもいい」と許可をいただいているクライエントさんのケースについて、個人が特定されないよう工夫しながら、受講生の皆さまにご紹介していく予定です。

 

例えば、アスペルガー症候群やADHD(注意欠如多動症)といった神経発達症(発達障害)のクライエントさんに対する言葉の使い方という講義タイムがあるとしたら・・・、彼らへのNGワードであったり、彼らの心を響かせる言葉の使い方であったり、彼らがまた会いたくなるコミュニケーション法であったり・・・、例えば、不安症(不安障害)のクライエントさんと向き合う場合の効果的なテックニックについて等、実際に僕が経験してきたケース事例を教材にしながら学んでいただきます(実際の私のセッション映像を見ていただく場合もあります)。

 

当然ながら・・「私はコーチを目指しているので、そういう精神的な病気を持っている人とは実際会うことないし、お断りするから、そこまで専門的な精神病理の知識は必要ない」って方もいらっしゃることでしょう。これまでプロのコーチの方々からよく聞かされた台詞です。

 

もちろん、予め「私は今、心療内科に通院し、お薬をもらっているんですけど、あなたとコーチ契約できますか?」なんて教えてくれるお客さまの場合、お断りすれば、あなたの恐れを回避することは可能かもしれません。

 

しかしながら知っていて欲しいのです。世の中には自ら精神科や心療内科に決して行くことがなく、しかも自身の病識がない人たちが存在するのです。あなたの日常の中に・・。そしてそんな彼らは案外、魅力的な人たちが多いというのも事実です。そして時に、例えばコーチであるあなたのクライエントとして契約し、いつしかコーチであるあなたが色々な意味で巻き込まれ、精神的にボロボロになっていくかもしれません。彼らの様な精神病理を抱えている人たちに対する知識と対応の仕方を知っていないと・・

 

もしあなたのクライエントさんが夜中に「先生、死にたいんだけど」って電話してきたら、あなたはどんな対応をするんでしょうか? あなたができるベストな対応をご存知ですか? 

心理セラピスト、心理カウンセラーはもちろんのこと、コーチを目指す方もこうしたスキルは自分を守る上で、当然知っておかなければいけないというのが僕の持論です。

 

 

当スクールでは、このように一般的な学校の講義のように単に意識レベルで知識を習得する時間だけでなく、私の心理臨床家としての様々なケース事例や、心の悩みや問題の仕組みについての講義を通して、おそらく、ご自身も忘れていたかもしれない心の深い所にある何かのサインを感じながら、そして、ご自身の問題を半年間かけて解決しながら、最終的にNLPファミリーセラピストとしてクライエントさんをサポートするためのコミュニケーション・スキルをも習得することが可能になります。 

 

自分の行動を止めている心の何か見えない問題の解決を目指すもよし、誰とでもそこそこ上手くやれるようなコミュニケーションスキルを習得するもよし、心理セラピストや心理カウンセラー、コーチといったプロの援助職を目指すもよし。

 

 

  • あなたの先生は、あなたがクライエントさんに巻き込まれてどうしようもない時に、あなたに対してベストな対応を教えてくれますか?
  • あなたの先生はあなたの質問に気軽に、且つ、適切に答えてくれますか?
  • あなたの先生は「家族の病理」について、どんなことを教えてくれそうですか?
  • あなたの先生は三歳児健診の心理士としての経験はありますか?
  • あなたの先生は子どもの発達検査や知能検査のテスターの経験はありますか?
  • あなたの先生はトラウマを抱える子どもの治療に携わったことがありますか?
  • あなたの先生は精神科病院での心理士としての経験はありますか?

 

 

あなたにとって、あえて他の先生ではなく

心理臨床家である岩元應和(マサカズ)から学ぶことで

どんなメリットがあると思いますか?

 

 

レッスンスタイル

◇グループレッスン

第一期生へのレッスン風景(2013年7月)

 

私自身がこれまでの心理セラピースキルを伝える講師経験の中で、受講生お一人お一人のご質問に答え、丁寧な対応ができたのは、6名から10名前後だったように思います。

 

それ以上の人数になると、私一人で、”心理臨床家としての大切な視座”を個々にお伝えできていたか問えば「きっと、丁寧にお伝えできなかった方もいらっしゃったよな」というのが正直なところです。

 

 

これから私が当スクールで学んでいただきたいNLPファミリーセラピーのスキルは、ご自身の問題解決のためにも活用できますが、それ以上に、心にトラブルを抱えている誰かのために活用することができる大きなツールになります。

 

ご参加いただく受講生の皆さまに全12日間でこうしたツールをマスターしていただけるよう、これまで以上に私自身が丁寧にベストを尽くしたい、これまでの経験をもとに丁寧にベストを尽くせる人数に限定したい、と今は、そんな風に思っています。

 

こうした理由を踏まえて、現在、NLPファミリーセラピー・プラクティショナーコースでは受講生を最大10名に限定して募集しております(グループセラピーを対象としたマスタープラクティショナーコースでは10名程度を募集しております)。

 

将来的には当スクールの修了生の中からアシスタントさんを募集し、私一人の時以上に、細やかに、丁寧に、安心な学びの場を作っていけたらって考えています。

 

受講生にとっての安心のメリット

■振替制度

出席ができないお日にちがある場合、別な期に改めてその日の内容を補うこと(補講)ができます。(無料)

当然のことながら、補講までの間、どれだけ進捗したんだろうと不安になる方がいらっしゃるかもしれません。当スクールでは受講生のこのような不安を少しでも軽減すべく、講義の映像(DVD)をお渡しするか、Skypeでのフォローセッションをお約束します。

 


■マンツーマン補講制度

第二期生とのマンツーマン補講(2013年9月)

【振替制度】の項目でもご案内しておりますように 当スクールでは、もしお客さまが受講日程にご都合がつかず欠席された場合、当然、他の期にその日程を補講いただくことは可能です。

 

しかしながら、当スクールではできるかぎりお客さまの不安を解消すべく、次の日程にご参加いただく前に、当スクールの運営母体である「NLPメンタルコーチング 岩元應和心理相談室」にて代表の岩元とマンツーマンによる補講を行うことが可能です。(無料)

 

その場合、1日分(約8時間)の講義を3~4時間に短縮してフォローいたします。

当然ながら、マンツーマン補講にご参加いただいたお客さまは、ご希望されれば他の期にお休みいただいた日程にご参加いただくことも可能です。

 

 

■休学制度
授業の途中でやむ負えない事情で残りの授業を受けることができなくなった方には1年間に限り、休学されたのち、次回以降に行われる授業で復帰していただくことが可能です。

 

 

■質問制度

受講期間および修了後1ヶ月間に限り、あらゆるご質問にお答えします。(無料)

たとえどんなに小さなご質問でも、あるいは、実際にクライエントさんとのセッションを行う前の不安でも、セッションを行った後の疑問でも、何でもメールでご質問して下さいね。期間内に限り、受講生お一人さまが何回 ご質問いただいたとしても、丁寧にお答えすることを約束します。

 

NLPファミリーセラピー・プラクティショナーコース受講生のメリット

■アフターフォロースクール制度
当スクール修了後、講師である岩元が開催する勉強会や事例検討会といったアフターフォロースクール講義(AM10:00~PM7:00)に修了生特別価格でご参加いただけます。

NLPファミリーセラピー・プラクティショナー等の資格取得というのは、ある意味、スタート地点にすぎません。

アフターフォロースクールにて(2015-06-27)

 

心理セラピストや心理カウンセラー、メンタルコーチとしての本当の疑問や悩みは、援助活動し始めてから生じてくるものです。そこで、具体的な疑問を解決したり、不足していると感じるスキル向上を目指して、継続的にアフターフォロースクールに出席することをおススメしています。

NLPファミリーセラピーのスーパーヴァイザーの私から心理臨床家としての考え方やスキルを吸収する場として ご活用いただけます。

 

 

   ※ アフターフォロースクール参加条件:当スクールのNLPファミリーセラピーコース修了生

   ※ アフターフォロースクール修了生特別価格:1回(約8時間) 3,000円

 

 

■他校からの編入制度

当スクール以外の学校で、NLPプラクティショナーやNLPトレーナーなどの資格を取得されたご経験ある方が、当スクールのNLPファミリーセラピーコースで学びたいとご希望される場合、有資格者受講割引価格として259,200円(税込)で受講することが可能になります。

 

 ◇有資格者受講割引価格対象のNLP資格

  • 米国NLP™協会、米国NLP協会、国際NLP協会、全米NLP協会等の認定NLPプラクティショナー、NLPマスタープラクティショナー、NLPトレーナー資格。

 ※ なお、有資格者受講割引価格のお支払方法は現金一括払いのみとさせていただきます。

   ※ NLPプラクティショナー等、有資格認定証の提示をお願い致します。

 

 ◇NLP有資格者以外の有資格者受講割引対象資格

  • 臨床心理士/臨床発達心理士/学校心理士/家族心理士
  • 日本カウンセリング学会 認定カウンセラー
  • 日本心理学会 認定心理士 

   ※ 上記以外の心理士関連資格は割引対象として該当いたしません。

   ※ 各種心理士資格認定証の提示をお願い致します。

 

 

■学割制度

現在、大学や専門学校などに通われている学生さんで、当スクールのNLPファミリーセラピーコースを学びたいとご希望される場合、学生受講割引価格として205,200円(税込)で受講することが可能になります。ただし、大学院・4年生大学・短期大学・専門学校(2年間以上の通学コース)で学んでいる通学生の方に限ります。

 

   ※ なお、学生受講割引価格のお支払方法は現金一括払いのみとさせていただきます。
   ※ 学生証の提示をお願い致します。

   ※ 未成年の場合には、保護者の承諾をお願い致します。

 

 

■再履修制度

当スクールのNLPファミリーセラピー・プラクティショナーコースを修了された方を対象とした再履修制度です。

 再履修特別価格:全12日間 97,200円(税込)

 

 
 
更に詳しい内容についてお知りになりたい方は、下記までご連絡ください。

➧➧お問い合わせフォーム

 

 

  

あなたが岩元應和のNLPコースを主催してみませんか?

現役の心理臨床家である岩元 應和(マサカズ)が講師を務める

NLPファミリーセラピー・プラクティショナーコースを受講してみたい!!


だけど鹿児島まで行くのは 色々な意味で難しい。。


たとえばそんな場合、あなたが主催者になって

私(岩元)を講師として呼んでいただけるのであれば全国どこにでも出張スクールいたします。 

 

まずはお気軽にご相談くださいね♪ ➧➧お問合せフォーム

 

NLPファミリーセラピー認定証

当スクールで受講していただくNLPファミリーセラピー・プラクティショナーコース(マスタープラクティショナーコース)を受講いただく皆さまがコースを修了されると同時に、NLPファミリーセラピー・プラクティショナー認定証 および 公認心理カウンセラー資格認定カード(NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナーコース認定証 および 公認家族心理カウンセラー資格認定カード)をお渡しいたします。

 


1 税抜価格